ドクダミ、ヨモギなどごく身近にある野草が、私たちの健康や美容においてとても心強い味方になってくれることをご存じですか?日本で古くから親しまれている「和ハーブ」を暮らしに取り入れることは、まさに《根幹美》への近道なのです。

#和の叡智 #和ハーブ #野草 #薬草 #ハーブティー #四季の楽しみ

オンライン講座:2021年開講予定

インストラクター: 上田 涼子 自然派ライフハックブロガー

身近にあるパワフルな野草「和ハーブ」を取り入れて、手軽に健やかな毎日をキープ♪

インターネットや流通網が発達し、世界中のモノや情報に触れられる現代だからこそ、懐かしくもあり、新鮮でもある《和の叡智》。現代の暮らしに合わせてそれを取り入れ足元を見つめ直し、ブレない自分を見つけましょう!

古来日本で育まれてきた文化……「衣食住とことば」の叡智に触れ、それを単なる知識に留まらせることなく《暮らしに活かし》、日々をより豊かなものにすることを目指す「今よりもっと日本と自分が好きになる!暮らしに活かす《和の叡智》」第2回目「【食】和ハーブ編」♪

日本の文化をこよなく愛し、移住先の飛騨高山で築40年の日本家屋に住み、和のエッセンスと共に暮らす自然派ライフハックブロガー上田涼子がお届けします。近年女性に人気のアロマテラピーやハーブですが、その原料となる植物のほとんどが海外原産であることを、残念に思ったことはありませんか?

日本のハーブ(有用植物)と言えば、ユズやショウガ、シソなどが真っ先に思い浮かびがちですが、植物大国な日本、もちろんそれだけではありません。都会でもたくましく育つドクダミ、ヨモギ、スギナなどは数ある和ハーブの中でも選りすぐりのエリート達ですし、《専ら医薬品》に分類されるようなパワフルな薬草が、ごく身近に生えていたりもするのです。

ひとたび知ると足元の草むらが宝物に見えてくる、地産地消・身土不二の象徴とも言える和ハーブ達と、それを気軽に暮らしに取り入れる方法をお伝えします。日本人にとって身近でなじみのある「和ハーブ」のチカラと使い方を知れば、その土地の恵みや四季の変化に気づく感性が磨かれます。和ハーブと共に生き生きとした毎日を過ごしませんか?

こんな方におすすめ!

・日本や和文化が好き!という人
・身近な野草や薬草と仲良くなりたい人
・無農薬栽培・自然栽培などの野菜が好きな人
・些細な四季の変化を楽しみたい人
・自然療法やお手当に興味がある人

開催日時

2021年開講予定

申し込み締め切り日

開講日の3日前

定員

10名

講座概要

《和の叡智》を味わう「和ハーブ」編

<お話>
①《和ハーブ》とはどんな植物を指している?
②《三里四方に医者いらず》が示すもの
③和ハーブを暮らしに気軽に取り入れる方法
④和ハーブを通して見えてくる日本の宝物とは

受講方法

スマートフォンまたはパソコンから受講
※Web会議ツールZoom(ズーム)を使用します。
使い方はこちら

受講料

正会員(次のキレイへメンバー):2500円 
ゲスト会員:2875円

ご準備いただくもの

・筆記用具

講師

 上田 涼子 自然派ライフハックブロガー

他講座

第1回「【衣】和服編」はこちらから
第3回「【住】床座と和風小物編」はこちらから
第4回「【言】カタカムナ編」はこちらから

講師:上田 涼子 自然派ライフハックブロガー

日本の伝統・文化をこよなく愛する人気ブロガー。《丁寧でからだにやさしいこと(Natural)と効率的で便利なこと(Smart)を両立》させる「自然派ライフハックブログ:スマートナチュラル・ドットライフ」で情報を発信。家族で飛騨高山に移住し、日本家屋での生活を満喫している。

申込み規約
【キャンセル規定】
 お申込み頂きました講座を、お客様のご都合によりキャンセルされる場合、以下のキャンセル料が発生しますことを予めご了承ください。
・講座開催日の6日前~前日までのキャンセル 講座料の20%
・当日のキャンセル 講座料の100%

【講座の中止について】
 最少催行人数に満たない場合などは中止の可能性がございます。その際は、募集締め切り後、すみやかにご連絡いたします。

【個人情報について】
・本団体は個人情報保護に関する法令及びその他の規範を順守し、個人情報の取
扱いについて、最大限の注意を払います。
・弊社がお客さまから収集する個人情報は、講座に係る一切のご連絡、講座に係
る製品のご送付、各種お知らせ、アンケート、統計資料作成のために利用いた
します。
・弊社へ提供されたすべてのお客様の個人情報は、ご本人の同意なしに第三者へ
公開・貸与・譲渡することは一切ありません。
 ただし、裁判所、検察官、警察、弁護士会、消費者センター、またはこれに準
じた権限を持つ機関からお客様の個人情報についての開示を求められた場合、
情報を開示することがあります。